福岡県、春日公園から届いた

ローカルビデオ「The Action」制作の話


ローカルクリップスに1本のDVDが届きました。
福岡県の春日公園のローカルスケーターたちが制作した
" The Action " という作品。



それは12人のスケーターたちが体を張り、
約1年半かけて作り上げたものでした。


ローカルクリップスでは、
さっそくDVDを送ってくれた「Take Action films」の
フィルマーKAGUMAくんとコンタクトをとり、

できるだけ「どんなスケーターが作ったのか?」が伝わるよう
出演者と撮影の思い出話を語ってほしいとお願いしました。

そして完成したのがこの10本の出演者トーク動画です。

高校生から35歳のベテランスケーターまで。

春日公園ローカルたちのそれぞれのキャラクターから、
この作品の雰囲気を感じてもらえると思います。


そしてKAGUMAくんの
テキストインタビューもご用意しています。チェキ!

★ 出演者トーク ★

★ 加隈 重成インタビュー ★

... プロフィール

ーー 製作期間はどのくらいだったんですか?
KAGUMA およそ1年半ですね。
当初DVDの予定はなくて、撮ってたまったらYouTubeに出すというノリで撮影してたんですが、マーシーさんと撮影を開始した2013年の5月ごろからDVDという目標をばくぜんと立て出した感じです。
ーー それはマーシーさんからDVDにしなよって言われたってことですか?
KAGUMA いや、というわけではないです。マーシーさんは年齢的にも最後のフッテージだと冗談なのか本気なのか分かんないけど、その時は言ってたんですよ(笑) で、僕は「よし!ならマーシーさんの集大成を作品にしよう」と思いましたね。それから皆にDVDにするから!って明言しだしました。
ーー へぇ〜なるほど、いい仲間ですね。それはマーシーさんうれしいでしょうねぇ。そこからはじまったんですね。で、みんなに言ったからにはちゃんとDVDにしないといけないっていう?大変でした?
KAGUMA 今までやってきたことの延長だと、その時は考えていたので特に大変だったということはなかったですね。楽しかったです。個人的な悩みは尽きなかったですが(笑)
ーー 製作中いちばん苦労したことは?
KAGUMA 1番大変だったのは、やっぱり12人っていうメンバーの多さじゃないですかね?
途中で怪我したやつがいて、出てるメンツが入れ替わったんですよ。BMXのナオって奴なんですけど。
正直、DVD制作の危機でした。
ーー そうだったんですね。
KAGUMA でも代わりに、というと語弊があるかもしれないけど、永田ゆういちろうという素晴らしいスケーターのフッテージを収めることができて良かったです。そいつはわずか3ヶ月でフルパートを撮らせてくれました。
ーー なるほど〜危機的状況を救ってくれたわけですね。
KAGUMA たまたま近所に住んでて、連絡したらイイですよ!って二つ返事で返してくれたナイスガイです。しかも連絡したら明後日LA行くんで明日ならっていうから速攻撮影行きました(笑) タイミングも最高でしたね(笑)
ーー 編集はぜんぶKAGUMAくんが1人で?
KAGUMA もちろんです。
ーー 映像編集は独学ですか?
KAGUMA 独学です。
ーー へ〜、すごいカッコ良かったです。この作品を作るうえで大切にしたことってありますか?
KAGUMA ありがとうございます。やっぱり1時間もある作品なんで全体の流れは大事にしました。ダレないようにテンポよく。細かいことを言えばスローモーションは多用しないってとこです。あとは皆の良さを引き出すことを最大限に重視しました。
ーー 見ましたけど、たしかにぜんぜんダレませんでしたね!
KAGUMA それを言っていただけるだけで、僕は満足です!(笑)
ーー ちょっと失礼な言い方をあえてさせてもらいますけど、全員のスケーターがめっちゃ上手いわけでもないじゃないですか。そのへんをダレさせないのも編集のテクニックなんでしょうね。
KAGUMA いえ、たしかに上手くないと思います。でも僕は彼らの未来を信じてますし、僕に撮らせてくれたんだから最高にカッコよくするのが僕の使命な訳です。おおげさですが、それが体を張ってくれた皆への恩返しですね。それを見て、まだまだやるぜ!って気持ちになってまた撮影して。の繰り返しを僕は望んでます(笑)
ーー 実際作品を見てるんで、その言葉はすごく伝わってきますね。ほんとにカッコ良く撮れていたし。
KAGUMA ありがたいです。やっぱり見てもらうのが1番ですね!
ーー じゃあ今回の作品で「こうしたらよかったな」っていうものありますか?次の作品ではこうしよう、とかっていうの。
KAGUMA ぶっちゃけ今回の作品は夢中でやった感が強いので、もう少し頭使えば良かったとは思ってます(笑) でもあれはあれで僕の中でのベストなので満足してます。次はそれらを踏まえてもう少し頭を使ってクリエイティブにしたいですね。もっと個人を深く表現できたら最高です。
でも基本僕は頭悪いんで直感も大事にしつつ、前回の反省を生かせればと思います。
ーー なるほど。直感は大切したいですよね。次の作品が楽しみです。まさか、もう始まってるんですか?(笑)
KAGUMA もう始まってますね(笑) まだざっくりとしか頭で考えてないんですが、それを実現できれば面白いんですが…!
それと並行した形で若い連中はどんどんフッテージを量産できればいいですね!何せ若さはあっという間ですからね(笑)
ーー それは楽しみですね。若手の活躍にも期待しています。
それでは最後にこの作品をどんなふうに見てもらいたいか聞かせてもらえますか?
KAGUMA 今回の作品は上手いとか下手ではなく全体を一つで見るという意味で本当に「アクション」という名前がピッタリだと思ってます。行動を起こすのに上手い下手は関係ありません。やればいいんです。そこを感じていただければ嬉しいです。
ーー なるほど。「The Action」にはそんな意味が込められてましたか。ほんとにやるかやらないかは大きな違いですよね。その心が伝わりました。インタビューさせてもらってよかったです。この作品が少しでも多くの人に見てもらえるといいですね!
KAGUMA ありがとうございました!インタビュー生まれて初めてなんでこんなんでいいか不安です(笑)
ーー ありがとうございました!よかった、よかった!(笑)
このDVDは下記のショップからオンラインで購入できます。
DARAHA BEATS
http://darahabeats.com/?pid=86788672

...

ブログ
TAKE ACTION FILMS
http://takeactionfilms.blogspot.jp/