【第3回】グリッチョのレベルは三段階!

グリッチョしても放置している人って結構多いと思うんですよ。
そこで、こんなことを先生に聞くのも失礼なんですが、やっぱり病院って行ったほうがいいのでしょうか。
阿相
やっぱり変わってくると思います。
阿相さんはこの仕事される前、グリッチョしたら病院に行かれるほうだったんです?
阿相
正直、自分もこの仕事に入る前はグリッチョしても病院に行かないほうだったんですよ。この仕事をやって自分でみるとよく分かりますが、やはり行ったほうがいいと思いますよ。今は足首も曲がっちゃいけないところに曲がっています。
その阿相さんが言うと説得力ありますね(笑)。でも病院っていろいろあるじゃないですか。接骨院、整骨院、整形外科とか。この違いってなんですか?
阿相
接骨院と整骨院は同じです。呼び方が違うだけ。病院ではありません。整形外科は病院なので医師がみてくれます。医師はレントゲンが撮れて手術ができるんです。
接骨院や整骨院は正式には病院ではないんですね。
阿相
接骨院(整骨院)は柔道整復師というねんざ等の専門家ですね。医師ではないのでレントゲンや手術はできませんが、その人の症状にあわせて治るまでじっくりと時間をかけて治療します。
整形外科というか病院って、混んでて待たされるイメージがありますね。接骨院ならそうゆうストレスなく治療してもらえそうです。もちろん場所によって違うでしょうけど。
阿相
そうですね、実際そう言われる患者様もいますよ。自分としても整骨院なので、接骨院や整骨院に行ってほしいと言いたいところです。が、やっぱりあまりに症状がひどい場合は病院に行って、まずレントゲンを撮ってもらったほうがいいですね。
その「あまりにひどい症状」という判断はどのようにすればいいんでしょう?
阿相
ジンタイの損傷はこの3段階のレベルにわけられると言われています。
▼レベル①・・・軽度な腫れ、痛みはあるが、まあ歩ける。→ジンタイがちょっと伸びた
▼レベル②・・・腫れが強く、どうにか歩けるが、走れない。→ジンタイが部分断裂をおこした
▼レベル③・・・腫れがめちゃくちゃ強い。歩けない、体重が乗せられない。→ジンタイが完全断裂(要手術)
阿相
これで②と③に当てはまるなら、まず病院に行ってレントゲンを撮ってもらったほういいです。
③は、いわゆる「鬼グリ」ってやつですね(笑)。①と②は、なかなか判断に悩みそうなところです。
阿相
もし迷うようでしたら、やっぱり念のために病院に行くほうがいいでしょうね。
レントゲンを撮ってもらい、ジンタイが完全に切れてなかったら、ひとまず安心ということですね。
ちなみにこの3つはそれぞれ復帰までにどのくらいの期間がかかるんでしょうか。目安でかまいません。
阿相
そうですね、①の場合は、1~2週スケートを休んで、その後リハビリしながらだいたい1ヶ月ぐらい。
②の場合は、1ヶ月ほど休んで、リハビリしながら1ヶ月半~2ヶ月ぐらいで治る場合が多いでしょうか。
そうなんですね。
阿相
③の場合は、最低でも3ヶ月はスケートを休む必要があります。適当に動いてると半年~1年ぐらい治らない可能性がありますよ。
ではまとめると、①なら接骨院、②か③なら病院でレントゲンを撮ってもらい、手術する必要がなかったら、その後は接骨院に通って治療に専念するのが一番治りが早いということですね。
阿相
おっしゃるとおりです。軽いグリッチョだと思ってても、重症や骨折してる場合もあります。放置せず、病院や接骨院に行くようにしてほしいです。
わかりました。やっぱり放置はダメってことです。はやくくっつけないと(笑)。

2016-04-21-THU