㉒ 福井県「SPスケートパーク」

「田舎には田舎のスケートがある。」

福井県にやってまいりました。福井の西部にある嶺南(れいなん)エリアは、京都・滋賀とも隣接しており、きれいな海と山に囲まれた自然豊かなところ。今年、アジアで初となるブルーフラッグ認証を取得した「若狭和田海水浴場」というビーチもあり、これからにぎやかになりそうです。
ここ福井には、公共のスケートパークが1つも無いそうで、各所にローカルスケーターたちが自作したDIYパークがありました。そのなかで今回おじゃましたのは「SPスケートパーク」というスポット。もともとはローラースケート場だったようで、路面がよく、そこに自作したセクションがいろいろ設置されていました。
コンクリートのバンク、ポーリーレール、レインボーレール、スラッピーレール、ドラム缶など、じぶんたちでお金を集め、メンテナンスされたこの場所はとてもローカルたちの愛を感じました。良いスポットですね!ずっと残ってほしいと思います。
今回旅のお世話をしてくれた「SUMMON」さんは、去年から”Free Jam Session”というイベントを春と秋に開催しており、地元勢や関西方面、中部地方などの猛者たちが集まって盛り上がっているようです。
「無いものは造る。都会には都会のスケート、田舎には田舎のスケートがある。」というSUMMONさんは、スケートする環境が違えど、スケートボードを楽しんだり、うまくなりたいという気持ちは同じだと考え、じぶんたちがスケートしている地元からどれだけ発信できるか、というところを楽しみながら表現していきたいんだと、熱く語ってくれました!
もし福井にスケートしに行く人がいたらぜひSUMMONさんともつながってみたらいかがでしょうか。今回出演してくださったローカルのみなさん、SUMMONの知原さん、ほんとにありがとうございました!


エルシオくん
福井県 SPスケートパーク