検索

条件を指定して「検索」ボタンを押してください。

期間

ならび順

エリア

北海道・東北
関東
信越・北陸
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄

ELEMENT “TOKUSHIMA, JP” MAKE IT COUNT 2017 INTERNATIONAL SKATEBOARD CONTEST – エレメント スケートボード コンテスト –

Make It Count 2017 Japan official website
http://www.elementjapan.com/pages/make-it-count-japan-2017

TOKUSHIMA, JP – MAKE IT COUNT 2017

RESULTS:
Overall Winner: Hayate Kamimura
Japan Finalists: Hayate Kamimura, Tokiya Imamura, Kouki Onishi

去る4月22日(土)、Make It Countコンテスト2017年の開幕戦が、徳島県の阿南スケートパーク(パーク正式名称:羽ノ浦健康スポーツランド スケートボード場)にて、四国は徳島県を代表するローカルプロショップWaumと阿南スケートボード協会の協力のもと開催となった。この阿南スケートパークは、三角や四角、円形のカーブセクションを始め、スラッピーやウォール、バンクセクション、そして中央には円錐形のアールセクションと、全国でも他に類のない個性的なストリート嗜好の強いパークとなっている。当日エントリー数は20名弱、ギャラリーは100名ほどといつもの開催に比べると少なかったものの、四国を始め、近畿、中国地域から実力者達が集結し、熱いセッションで盛り上がりをみせた。ライヴ映像配信サービス「FRESH!」の協力で、昨年に引き続きインターネット上で生中継を実施。中継のメインMCを阿部直央、大会ヘッドジャッジを久賀翼がそれぞれ担当。予選は、13歳以下、14歳以上の2クラスに別れ、1グループ4〜6名で10分間のジャムセッションを行い、準決勝、決勝は各5分間という流れで行った。7月の国内最終戦行きのチケットを掛け、各地から集結したスケーター達がしのぎを削り、激戦となった本戦。結果、3位にはベーシックなトリックを数多く披露した大西孝樹、2位には完成度の高いハードフリップを連発した今村怜也、そして優勝は、クオーターでの360や円錐セクションからのバンクインなど個性的なスタイルを見せつけた上村颯が見事に獲得した。7月の国内最終戦のチケットは、上村颯、今村怜也、大西孝樹の3人に手渡された。Congrats!! 次回第2戦は、5月13日(土)に熊本県のUKIUKIスケートパークで開催!

タグ

メタ

投稿日 : 2017年 05月09日 12:17

投稿者 :

ポイント

再生回数
(1 point)
x372=372
YEAH
(10 point)
x0=0
(20 point)
x18=360
(20 point)
x12=240
ブックマーク
(30 point)
x1=30
合計1002
YEAH

ブックマーク(1人)

ブックマークに登録する

登録にはログインが必要です。